FAQ

よくある質問

皆さまから寄せられるご質問を紹介しております。

分析納期はどのくらい?
原則、試料到着日の翌日から3営業日になります。具体例として、月曜日に到着した検体は、木曜日に結果が報告できます(電子計量証明書をご利用の場合)。
なお、主な分析項目と納期は下表を参照ください。
分析項目 納期
土壌汚染対策法27項目 3営業日
残土分析項目(千葉県残土条例等) 4営業日
油臭・油膜 3営業日
土壌専門の分析と聞きましたが?
主な分析対象は、土壌汚染調査や残土調査等で採取される「土壌」、「残土」および「地下水」になります。対象試料、対象分析項目を絞ることで、短納期、低コストでのご提供を実現しました。
主な分析項目は、土壌汚染対策法で規定される27項目(第一種~第三種特定有害物質)、残土条例等で必要な残土分析項目、油臭・油膜などになります。
他に特徴がありますか?
事前の分析依頼のご連絡により、GERご利用者様に採取する際に必要な試料容器、試料袋を送付させて頂きます。事前にご自身で必要な容器の準備、分析項目ごとに必要な容器の種類で悩む必要がありません。
電子計量証明書での対応ができると聞きましたが?
特段のご要望が無ければ、電子計量証明書で発行をしています。
試料到着日の翌日から3営業日にて電子計量証明書が発行され、メールにてお手元に届きますので、分析結果の確定および宅配便などでの郵送日数の短縮ができます。
また、各種報告書などでのご利用の場合、ご関係者の合意により、印刷物として書類を準備することなく、CD等の電子記録媒体での交付で済みますので、資源やコストの削減にもつながります。
電子計量証明書の仕組みを教えて欲しい。
電子署名法と計量法に加え、一般社団法人日本環境測定分析協会(日環協)により作成された「計量証明書事業における計量結果の電子交付の運用基準(ガイドライン)例示」に基づき、提供している計量証明書の電子発行サービスです。
GERでは、EDDサービス(計量証明書の電子発行サービス:e-計量)通して計量証明書に電子署名・タイムスタンプを添付したのち電子納品するため、証明書発行日数の短縮などのメリットが受けられます。
誰でもGERを利用できますか?
ご利用される場合には、個別のご利用契約の締結が必要となります。ご利用者様からの依頼の受付から分析結果のご報告までをスムースに行うため、分析受付からの情報処理の大部分を自動処理しているため、所定のフォームを用いたご依頼にご協力頂く必要があるためです。
ご利用を希望される方は、当該ホームページ「お問合せフォーム」よりご依頼ください。
分析試料の採取、送付にあたっての留意点を教えて欲しい。
主な留意点と対処方法を以下に示します。
①分析したい項目によって、試料を採取する容器が異なります。例えば、揮発性有機化合物を対象とする場合は、密閉を保持できるガラス瓶を用いますが、ジップロック等のビニール容器では揮発してしまうため、不適になります。
②分析に必要な土壌等試料の量が必要となります。必要量以上の試料は、採取するご負担も大きくなるため、「土壌、地下水の採取量」に関するQ&Aを参照ください。
③土壌以外の混入物(木くず、ガラ等)、2mm以上の砂利やレキが多い場合は、これらを取り除いた場合に分析試料が足りなくなる場合があるため、試料の状況にあわせて採取量を調整ください。
宅配便での試料送付にあたっての留意点
調査現場や工事現場から分析試料を送付頂く場合、遅くの受付時間によっては、次の日の受付日での取り扱いになる場合があります。その場合、分析試料は一日後ろにずれてしまうため、最寄りの宅配集荷所等へ、事前に当日扱いの最終受付時間の確認をお願いします。
なお、各現場(地方)からGERへの宅配にかかる日数の目安は、北海道、九州、離島は2日、それ以外は1日となります。正確な情報は最寄りの宅配集荷所等へ確認願います。
 北海道、九州、離島:2日
 上記以外:1日(午後着含む)
土壌の採取量を教えて欲しい。
分析対象項目ごとに以下にまとめます。
・揮発性有機化合物(第一種特定有害物質、VOC)は0.1Lガラス瓶1本(握りこぶし1個分くらい)。揮発しやすいため容器に空隙が、極力残らないようにしてください。
・重金属、農薬項目(第二種及び第三種特定有害物質)ビニール袋1枚に半分くらい(300g、握りこぶし2個分)。
なお、事前にお申込みいただければ専用容器を発送します。
地下水の採水量を教えて欲しい。
分析対象項目ごとに以下にまとめます。
・揮発性有機化合物(第一種特定有害物質、VOC)はバイアル瓶3本。揮発しやすいため容器に空気を入れないように注意ください。
・重金属(第二種特定有害物質)は0.6Lポリ1本。
・シアン(第二種特定有害物質)は0.6Lポリ1本。試薬添加による固定が必要。
・アルキル水銀(第二種特定有害物質)およびPCB(第三種特定有害物質)は0.5Lガラス瓶1本。
・農薬項目(第三種特定有害物質)は0.5Lガラス瓶1本。
なお、事前にお申込みいただければ専用容器を発送します。
試料の発送方法を教えて欲しい。
VOC茶瓶及び地下水の試料は保冷(クール便またはクーラーBOXで保冷)してお送りください。
ビニール袋に採取した土壌試料については、段ボール箱等でお送りください。
試料の発送先を教えて欲しい。
試料の送付先は以下の住所です。なお、担当者は一律「担当者宛」と記載願います。

〒266-0031
千葉県千葉市緑区おゆみ野5-44-3
株式会社土壌環境リサーチャーズ 担当者宛
電話 043-300-3318
PAGE TOPへ